必然性と可能性、絶望

いつのまに空の青さは当たり前

星が瞬く夜空なく

ときめきながら見上げてた

夢に生きてたあの頃は

いつからだろう夢のない夜